エンシェールズカラーバター

エンシェールズカラーバター《デーモンレッド》使用例

エンシェールズカラーバター《デーモンレッド》ってどんな色?

エンシェールズカラーバター《デーモンレッド》は原液は艶やかな明るい赤

エンシェールズカラーバター《デーモンレッド》カラーチャート

デーモンレッドは、オレンジ寄りの朱色っぽいレッドで、カラーバターで3色あるレッド系カラーの中で1番明るいレッドです。
黄色味が残った金髪の上から使用すると、白金毛に使用した際よりやや沈んだ感じの、よりオレンジがかった色になります。
茶髪の上からもしっかり発色。気品のある華やかなブラウンレッドに仕上がり、ミドルエイジの方にも人気のカラーです。

エンシェールズカラーバター《デーモンレッド》の色モチは約1カ月

エンシェールズカラーバター《デーモンレッド》退色過程

デーモンレッドを原液で使用した場合の色モチは、約1カ月が目安になります。
シャンプーするたび全体的に徐々に色が薄くなり、サーモンピンクのようなピンクがかった色に色落ちしていきます。
濃いめの発色を感じられるのは約2週間程。3週間あたりから、染める前のベースの髪色が出てきます。

黄色みの強い金髪に使用した場合、ベースの髪色が影響してオレンジっぽい色になる可能性が高いです。
(★退色時にムラサキシャンプーでケアするとオレンジ感を落ち着かせ、赤っぽく見せることができます)

*まだ色が落ちきっていない状態でブリーチをする場合、5週間後か6週間後くらいの薄さまで薄まってからがオススメです。
濃い色が残った状態でブリーチをすると、色素が残留して薄いピンクやオレンジ色になる場合があります。

エンシェールズカラーバター《デーモンレッド》は薄めて混ぜてサーモンピクやキャロットオレンジなど朱色ベースのオリジナルカラーがつくれる

エンシェールズカラーバター《デーモンレッド》を使ったオリジナルカラー

デーモンレッドを《クリアクリーム》で薄めたり、他の色を混ぜたりして、朱色ベースのオリジナルカラーをつくることができます。
*《クリアクリーム》は市販の白いトリートメントでも代用できますが、使用するトリートメントによって薄める配合の比率は異なります。

《クリアクリーム》で薄めるとオレンジ強めのサーモンピンクに。
《ネオンイエロー》を混ぜると《マンゴーオレンジ》単色よりも赤みのあるキャロットオレンジに。
また、《フラッシュピンク》と混ぜると《リアルレッド》とほぼ同じ色、《ココナッツブラウン》と混ぜると《ガーネットレッド》とほぼ同じ色をつくることができます。
手持ちで少し余っているけど色味を変えたいというときに、ちょい足しで変化をお楽しみください。

エンシェールズカラーバター《デーモンレッド》で染めてみよう

ブリーチで明るくしたインナーにデーモンレッドを原液で使用して、大人っぽいインナーレッドに仕上げていきます。

エンシェールズカラーバター《デーモンレッド》使用前 シルバーグラデーションの使用カラー
発色チェック ウェットにする 全体塗布 塗布終了
エンシェールズカラーバター《デーモンレッド》カラー後アフタースタイル
今回のスタイルに使用した量
デーモンレッドはいろいろ使える万能カラー
  • エンシェールズカラーバターtwitter
  • エンシェールズマジカラーtwitter
  • エンシェールズカラーバターinstagram
  • エンシェールズマジカラーinstagram
  • エンシェールズyoutube

▲ページトップへもどる