トリートメントなのに髪に色が入る魔法のトリートメントカラー『エンシェールズカラーバター』

超カンタン!エンシェールズカラーバターの使い方

カラーバターを使う前に準備するもの

髪の毛を染める時に使う基本的なものがあればOKです。ラップの代わりにシャンプーハットを使っても◎

エンシェールズカラーバターの基本的な使い方

カラーバターはベースの色で発色が変わります!ベースの髪の色別色見本を参考にしてね
髪の毛を水スプレーやシャワーでぬらしましょう。
整髪料が付いているときは、シャンプーをして整髪料を落としてください。
油分が多いなってときも、あらかじめシャンプーしてください。

髪の毛をぬらしておくと、全体的にカラーバターを塗りやすくなります!
ビチョビチョくらいでOKだよ☆

特にロングヘアの方や、ダメージ多い方は、しっかりぬらしておくと、カラーバターがのびやすくなります!

さっそく一気に塗りたいところですが!
ちょっと待って=3=3=3

えりあしの目立たない部分や毛先など、少し毛束を取って『色のテスト』をすることをオススメします!
一気に全部塗る前にテストをしておくと、あとから「ちがったなぁ~」てコトが減りますよね!

毛束にカラーバターを塗って10分~15分放置して、どんな色になるか見てみてください。
塗った部分をラップで包むと、他の髪につかないです!
ドライヤーで温めると、5分ほど放置時間を短縮できます。
色がOKだったら、あとは塗っていくだけ!
手につくのがヤダなって方は、手袋をつけてね。
使い方は一般のトリートメントと同じです。
どこから塗り始めてもOK!また、いっぱい塗ったらいっぱい色が入る、ということでなく、塗りもれがなければ色が入ります☆
トリートメントなので地肌についても荒れる心配はないので、髪の毛の生え際や根元までしっかり塗り込みましょう!
毛先や中間は両手でもみこむようにして塗ってください。
全体的に塗りもれがなく塗れたら、服や周りにつかないようにラップまたはシャンプーハットでカバー!
揮発(きはつ)はしないので、メッシュやショートなど塗る部分が少ない時はカバーしなくてもOKです!
そのまま15分~20分くらい放置します。
美容室さんの場合、促進器で温めると5分~10分時間短縮できます☆

時間が経ったら部分的に表面のカラーバターを落としてみて、色が入ったかチェックしましょう!

色が入っていることがチェックできたら、流します!
カラーバターはトリートメントなので、一般のトリートメントと同様シャンプーする必要はありませんが、気になる方はシャンプーで洗ってもOKです☆

あとはドライして完成!
仕上がった色と一緒に、カラーバターだからこそのツルサラな手触りも楽しんでくださいね♪
エンシェールズカラーバターの特長