エンシェールズカラーバター

パントン・カラー・オブ・ザ・イヤー・2021

  • エンシェールズカラーバター
  • エンシェールズカラーバターから新色登場
  • エンシェールズカラーバター

国際的に使用されている色見本帳を提供している米・パントン社が毎年選定しているその年のテーマカラー《Color of the Year》。

今年2021年のテーマカラーに選ばれた『Ultimate Gray(アルティメット・グレイ) 』と『 Illuminating(イルミネイティング)』をイメージしたカラースタイルを、エンシェールズカラーバターでつくってみました!(6月ですが…)

このカラースタイルの注目ポイントは
①シルバーをキレイに発色させる《必殺補色テクニック》
②上から色を重ねてつくる《簡単裾カラー》
の2つです!

違うカラースタイルでも応用していただけると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。




『ネオンイエロー』は単色原液でインナーと表面シルバーの裾カラーに使用します。
表面のシルバーは『925シルバー』に補色として『ショッキングパープル』と『ネイビーブルー』を混ぜて使用します。
ベースが今回使用しているヘッドマネキンくらいトーンアップされていれば『925シルバー』単色でもキレイに発色しますが、ブリーチムラやダメージムラがある場合は、この2色を補色で追加されることをおすすめします。
※補色は少量しか使用しないので、プチサイズのご使用がおすすめです。



事前に準備するもの シャンプー後タオルドライ
【1.色つくり】
925シルバー100gに対して、ネイビーブルー5g、ショッキングパープル1gを補色として混ぜます。
※はじめに少量をつくり、【3.発色テスト】をしながらお好みの色味に調整して、必要量をつくることをおすすめします。
【2.ブロッキング】
インナーカラーをする高さを決めてブロッキングし、顔回りや髪の生え際にヴァセリンを塗ってカバーします(肌に付着した際に色を落としやすくなります)。
事前に準備するもの シャンプー後タオルドライ
【3.発色テスト】
実際にカラーする部分の一部を染めてみて、どんな発色になるかをテストします。テスト結果により、補色を足すなど色味を調整してください。
【4.インナーを塗布】
インナー部分にネオンイエローを塗ります。
事前に準備するもの シャンプー後タオルドライ
【5.表面を塗布】
表面部分に補色を足した925シルバーを塗ります。
※カラーバターはテクスチャーが固く垂れないので、色移りしにくい仕様になっていますが、心配な場合は、インナーをラップでカバーしてから表面を塗布してください。
【6.一度流してから表面の毛先を塗布】
全体が塗り終わったら20分ほど時間を置いて流します。流す際ははじめにシャワー圧でカラーバターをある程度落とし、縦に手櫛を通すようにして流すと色移りせずキレイに仕上がります。
しっかりとカラーバターを流した後、表面のシルバーの毛先にネオンイエローを上から重ねて塗り、20分程時間を置いて毛先だけ流せば完成です!
詳しくは手順トップに掲載の動画をご覧ください。
  • エンシェールズカラーバターtwitter
  • エンシェールズマジカラーtwitter
  • エンシェールズカラーバターinstagram
  • エンシェールズマジカラーinstagram
  • エンシェールズyoutube

▲ページトップへもどる