エンシェールズカラーバター

エンシェールズカラーバター《アッシュピンク》使用例

エンシェールズカラーバター《アッシュピンク》ってどんな色?

エンシェールズカラーバター《アッシュパープル》は原液は限りなく黒に近いシルバー

エンシェールズカラーバター《アッシュピンク》カラーチャート

新色のアッシュピンクは、薄めて使用することを前提に、原液はかなり濃いめの色になっています。
原液そのままで使用した場合、暗めのアッシュピンクに発色します。

ブリーチで白金にした髪に使用すると、落ち着いた色味でありながら、光に当たった際に透明感が出ます。
*色味がパープル(ラベンダーのようなピンク寄りのパープル)になる可能性が高いです。
赤味を出す場合、《マンゴーオレンジ》または《ネオンイエロー》または《リアルレッド》をほんの少し足して調整ください。
混ぜる比率・発色はこちらのページ下部【色を足してお好みの色味に調整できる】を参照ください。

黄色味が残った金髪に使用すると、赤味のあるアッシュピンクに発色します。

明るめの茶髪に使用すると、少しトーンダウンしたような暗めの色にはなりますが、ピンクの色味が分かるくらいしっかり発色します。
暗めの茶髪に使用すると、あまり発色が感じられない可能性が高いです。

エンシェールズカラーバター《アッシュピンク》の色モチは約2カ月

エンシェールズカラーバター《アッシュピンク》退色過程

アッシュピンクを原液で使用した場合の色モチは、約2カ月が目安になります。
染めたてくらいの濃いめの色を感じられるのは約1カ月程です。

シャンプーするたび全体的に徐々に色が薄くなり、元の髪の明るさに戻っていきます。

*かなり明るいブリーチ毛に使用した場合、色落ちしても使用前と全く同じではなく若干くすみや薄いピンク感が残る場合がありますが、上から他の色を重ねてカラーチェンジすることができます。
薄いシルバーやパステルカラーにカラーチェンジする際は、やや影響する場合がありますが、濃いめの色にカラーチェンジする分にはほぼ影響はありません。

*退色時にムラサキシャンプーでケアするとベース毛の黄ばみを落ち着かせ、よりキレイな退色をお楽しみいただけます。

アッシュピンクでカラー後にブリーチをする際の注意点

エンシェールズカラーバター《アッシュピンク》は薄めてお好みのパステルアッシュピンクがつくれる

エンシェールズカラーバター《アッシュパープル》を使ったオリジナルシルバー

パステルアッシュピンクにする際は、《アッシュピンク》の3~5倍くらいの《クリアクリーム》で薄めるのがおススメです。
薄める比率を変えてお好みの濃さを調整してみてください。

*《クリアクリーム》は市販の白いトリートメントでも代用できますが、使用するトリートメントによって薄める配合の比率は異なります。

*5倍以上の《クリアクリーム》で薄める場合はブリーチで髪を明るくしてからのご使用をおススメします。

エンシェールズカラーバター《アッシュピンク》は色を足してお好みの色味に調整できる

エンシェールズカラーバター《アッシュピンク》に赤味を足したオリジナルアッシュピンク

【ネオンイエローを混ぜた場合】
紫味を抑え、ピンク感を出すことができます。

【マンゴーオレンジを混ぜた場合】
ネオンイエロー同様、紫味を抑え、ピンク感を出すことができます。
マンゴーオレンジにはやや赤味が含まれているので、ネオンイエローを使用した場合よりもふんわりと赤味を感じられるピンクになります。

【リアルレッドを混ぜた場合】
直球で赤味を足すことによって、ネオンイエロー・マンゴーオレンジを混ぜた場合よりもかなり赤味のある明るいピンクになります。

ネオンイエロー  マンゴーオレンジ  リアルレッドの順で、赤味がつよくなります。
お好みで、使用する色と配合比率を調整してみてください。

*《ネオンイエロー》《マンゴーオレンジ》は、入れすぎると黄土色のような色になるため、混ぜる際は量にご注意ください。
少量から混ぜてみて、徐々に足していくことをおすすめいたします。

エンシェールズカラーバター《アッシュピンク》で染めてみよう

白金までブリーチで明るくした髪に、【アッシュピンク原液】と、アッシュピンクをクリアクリームで薄めてつくった【オリジナルパステルピンク❶】、❶にオレンジとレッドを混ぜた【オリジナルパステルピンク❷・❸】(下記使用カラー参照)の4色を使って、根元から毛先に向けて明るくなる立体的なアッシュピンクのグラデーションカラーにしていきます。

キレイなグラデーションにするポイントは、一束ずつ「薄い色から先に塗っていく」ことと「重なり合う部分を長めにとる」ことです。
パツっと線がついた感じにならず、すーっと伸びた自然なグラデーションに仕上がります◎

使う前の髪色によって発色が変わるので、下記配合を参考に、はじめに一部の毛束で発色チェックしながら、ご自身のお好みの色に調整してからご使用ください。

エンシェールズカラーバター《アッシュピンク》使用前 アッシュピンクの立体的なグラデーションの使用カラー
ウェットにする ブロッキング 発色チェック 毛先のカラーから塗布 根元のカラーを塗布 コーミング 放置後流し
エンシェールズカラーバター《アッシュピンク》カラー後アフタースタイル
今回のスタイルに使用した量
アッシュピンクは薄めてお好みのパステルアッシュピンクをつくることができます。
  • エンシェールズカラーバターtwitter
  • エンシェールズマジカラーtwitter
  • エンシェールズカラーバターinstagram
  • エンシェールズマジカラーinstagram
  • エンシェールズyoutube

▲ページトップへもどる