エンシェールズカラーバター

エンシェールズカラーバター《チェリーピンク》使用例

エンシェールズカラーバター《チェリーピンク》ってどんな色?

エンシェールズカラーバター《チェリーピンク》は深みのある赤寄りのピンク

エンシェールズカラーバター《チェリーピンク》カラーチャート

チェリーピンクは深みのあるダークピンクです。
《ベイビーピンク》《フラッシュピンク》が青みのあるマゼンタっぽいピンクであるのに対して、《チェリーピンク》は赤みのあるピンクです。

光に当たった時に透明感を出すなら、白金に近いハイトーンベースがおススメですが、黄色みが残った金髪の上からもしっかり発色します。
茶髪の上から使用すると、落ち着いたピンクパープルっぽい色に発色します。

エンシェールズカラーバター《チェリーピンク》の色モチは約1カ月

エンシェールズカラーバター《チェリーピンク》退色過程

チェリーピンクを原液で使用した場合の色モチは、約1カ月が目安になります。
シャンプーするたび全体的に徐々に色が薄くなり、元の髪色に戻っていきます。
染めたての濃い色を感じられるのは1週間程です。

*かなり明るいブリーチ毛に使用した場合、色落ちしても使用前と全く同じではなく若干ピンクみが残る場合がありますが、ブリーチで落としたり上から他の色を重ねたりしてカラーチェンジすることができます。

*黄色みの強い金髪に使用した場合、ベースの髪色が影響してオレンジっぽい色に退色する可能性が高いです。
(★退色時にムラサキシャンプーでケアすると黄ばみを落ち着かせオレンジ感を抑えることができます。)

*まだ色が落ちきっていない状態でブリーチをする場合、4週間後か5週間後くらいの薄さまで薄まってからがオススメです。
濃い色が残った状態でブリーチをすると、色が落ちきらずムラになる可能性があります。



ピンクカラーをもっと長くキープさせるなら、《ピンクシャンプー》を使用した退色ケアがおススメです。

エンシェールズカラーバター《チェリーピンク》は薄めたり混ぜたりしてオリジナルピンクがつくれる

エンシェールズカラーバター《チェリーピンク》を使ったオリジナルピンク

チェリーピンクは原液そのままでも深みのある色ですが、もっと深みのある暗いピンクにするなら、《ダークシルバー》や《ココアブラウン》《ココナッツブラウン》などのダークトーンカラーのカラーバターと混ぜてご使用ください。

ダークトーンカラーと混ぜたものを《クリアクリーム》で色を薄めると、ふんわりとした赤みのあるピンク感を残しつつ、ピンク過ぎないナチュラルカラーになります。
「ピンク感をあまり強くは出したくない」という方におススメです◎

チェリーピンク原液を《クリアクリーム》で薄めると、赤みのあるパステルピンクをつくることができます。
《ベイビーピンク》《フラッシュピンク》を薄めると、ムラサキに近い青みのあるパステルピンクになりますが、チェリーピンクは薄めると赤っぽいパステルピンクになるので、「薄いピンクで赤っぽさを出したい」場合におススメです◎

エンシェールズカラーバター《チェリーピンク》で染めてみよう

アルカリカラーをした明るめの茶髪を、毛先だけブリーチでトーンアップ。
トーンアップした毛先部分に《チェリーピンク》原液を使ってピンクの毛先カラーにしていきます。

《チェリーピンク》はベースを白金まで明るくしなくてもしっかり発色するので、毛先のブリーチはムリし過ぎず金髪程度までにしました。

【トップの茶髪】と【毛先のブリーチ部分】との境界線は、5cmほど茶髪部分にもかぶせて塗ると明暗のグラデーションができて、キレイに仕上がります。
前髪の毛先(明るめの茶髪)にも《チェリーピンク》を使用してアクセントに。

エンシェールズカラーバター《チェリーピンク》使用前 毛先ピンクグラデーションの使用カラー
発色チェック ウェットにする ウェットにする 全体塗布
エンシェールズカラーバター《チェリーピンク》カラー後アフタースタイル
今回のスタイルに使用した量
チェリーピンクはブリーチなしの明るめの茶髪の上からでも充分カラーを楽しめます
  • エンシェールズカラーバターtwitter
  • エンシェールズマジカラーtwitter
  • エンシェールズカラーバターinstagram
  • エンシェールズマジカラーinstagram
  • エンシェールズyoutube

▲ページトップへもどる