エンシェールズカラーバター

エンシェールズカラーバター《ココナッツブラウン》使用例

エンシェールズカラーバター《ココナッツブラウン》ってどんな色?

エンシェールズカラーバター《ココナッツブラウン》は原液は限りなく黒に近いシルバー

エンシェールズカラーバター《ココナッツブラウン》カラーチャート

ココナッツブラウンはオレンジ系の暗めのブラウンで、一般的なナチュラルブラウンカラーです。
白金・金髪・茶髪のどの髪の上から使っても同じような発色になりますが、白金の上から使った時は、光に当たった時に透明感が出ます。
シャンプーするたび徐々に色が薄まり、明るいベージュカラーに色落ちしていきます。
ナチュラルブラウンヘアの《カラー&ダメージケア》や、ハイトーンカラーを《一時的に落ち着いたナチュラルカラー》にするのにもオススメです。

エンシェールズカラーバター《ココナッツブラウン》の色モチは約2カ月

エンシェールズカラーバター《ココナッツブラウン》退色過程

ココナッツブラウンを原液で使用した場合の色モチは、約2カ月が目安になります。
シャンプーするたび全体的に徐々に色が薄くなり、明るいベージュカラーに色落ちしていきます。

暗めの発色を感じられるのは約1カ月程。
1カ月を過ぎたあたりから、染める前のベースの髪色が出てきます。
黄色みの強い金髪に使用した場合、ベースの髪色が影響して上記画像よりも黄色みとくすみのある、イエローブラウンのようなカラーに退色する可能性が高いです。
(★退色時にムラサキシャンプーでケアすると黄色みを落ち着かせることができます)

*まだ色が落ちきっていない状態でブリーチをする場合、6週間後か7週間後くらいの薄さまで薄まってからがオススメです。
濃い色が残った状態でブリーチをすると、色素が残留してオレンジ色になる場合があります。

エンシェールズカラーバター《ココナッツブラウン》は薄めてお好みのシルバーカラーがつくれる

エンシェールズカラーバター《ココナッツブラウン》を使ったオリジナルベージュ

ココナッツブラウンは、原色そのままを使うと暗めのブラウンですが、《クリアクリーム》で薄めていくとお好みの明るさのベージュカラーを作ることができます。

くすみのないライトブラウンになるので、ブラウン系カラーで、アッシュ感(くすみ、沈んだ感じ)を出したくない場合は、ココナッツブラウンがおススメです。
*アッシュ感を出したい場合は、ココアブラウンがおススメです。

薄めれば薄めるほど、染めた後の発色は使う前の髪色に影響してきます。
ご自身の髪で実際に色をチェックしながら、薄める比率を変えてお好みの濃さを調整してみてください。

*《クリアクリーム》は市販の白いトリートメントでも代用できますが、使用するトリートメントによって薄める配合の比率は異なります。

エンシェールズカラーバター《ココナッツブラウン》を使ったオリジナルベージュ

エンシェールズカラーバター《ココナッツブラウン》で染めてみよう

ブリーチとカラーをして、ややベージュがかったハイトーンの髪に、《ココナッツブラウン原液》と、ココナッツブラウンをクリアクリームで薄めてつくった《オリジナルライトベージュ》(下記使用カラー参照)の2色を使って、根元から毛先に向けて明るくなるグラデーションにしていきます。

キレイなグラデーションにするポイントは、
●一束ずつ「薄い色から先に塗っていく」
●薄い色と濃い色が重なり合う部分は「長めにとる」
●毛束を、後ろは「ナナメ45度外側に」、サイドは「ナナメ45度前側に」持ち上げて塗る
ことです。パツっと線がついた感じにならず、すーっと伸びた自然なグラデーションに仕上がります◎

使う前の髪色によって発色が変わるので、下記配合を参考に、はじめに一部の毛束で発色チェックしながら、ご自身のお好みのベージュカラーに調整してからご使用ください。

エンシェールズカラーバター《ココナッツブラウン》使用前 ライトベージュグラデーションの使用カラー
発色チェック ウェットにする 薄い色から塗布 根元を塗布 コーミング 塗布終了
エンシェールズカラーバター《ココナッツブラウン》カラー後アフタースタイル
今回のスタイルに使用した量
ココナッツブラウンはくすみのないナチュラルブラウンカラー。薄めて混ぜて、お好みのライトベージュカラーも楽しめます
  • エンシェールズカラーバターtwitter
  • エンシェールズマジカラーtwitter
  • エンシェールズカラーバターinstagram
  • エンシェールズマジカラーinstagram
  • エンシェールズyoutube

▲ページトップへもどる