エンシェールズカラーバター

エンシェールズカラーバター《ライトパープル》使用例

エンシェールズカラーバター《ライトパープル》ってどんな色?

エンシェールズカラーバター《ライトパープル》は原液はラベンダーみたいなピンク寄りのパープル

エンシェールズカラーバター《ライトパープル》カラーチャート

ライトパープルは、ラベンダーみたいなピンク寄りのパープルです。
ピンクのようにも見えますが、カラーバターの《ベイビーピンク》や《フラッシュピンク》と比べると、やや落ち着きのある色味みなります。

黄色みが残った金髪ベースの上から使用すると、よりピンクっぽく発色します。
「ピンク色にしたいけれど、白金までブリーチするのがムズカシイ」という方は、金髪までブリーチした髪に《ライトパープル》がオススメです。

明るめの茶髪の上から使用すると、《チェリーピンク》を使用した時と同じような【落ち着きのあるブラウンピンク】に発色します。
色が入っているのが分かる程度にしっかり発色するので、茶髪の上からのご使用もオススメです。

エンシェールズカラーバター《ライトパープル》の色モチは約1カ月半

エンシェールズカラーバター《ライトパープル》退色過程

ライトパープルを原液で使用した場合の色モチは、約1カ月半が目安になります。
シャンプーするたび全体的に徐々に色が薄くなり、元の髪の明るさに戻ります。
濃いめの発色を感じられるのは3週間前後。4週間目あたりから、染める前のベースの髪色が出てきます。

黄色みの強い金髪に使用した場合、ベースの髪色が影響してサーモンピンクのような黄色が強い色味になる可能性が高いです。
(★退色時にムラサキシャンプーでケアすると黄色味を落ち着かせ、パープル感のあるピンクを長めに持続させることができます)

*まだ色が落ちきっていない状態でブリーチをする場合、4週間後か5週間後くらいの薄さまで薄まってからがオススメです。
濃い色が残った状態でブリーチをすると、色が落ちきらないことがあります。

エンシェールズカラーバター《ライトパープル》は薄めて混ぜてお好みのピンクパープルカラーがつくれる

エンシェールズカラーバター《ライトパープル》を使ったオリジナルカラー

ライトパープルを《クリアクリーム》で薄めたり、他の色を混ぜたりして、お好みのピンクパープル系カラーをつくることができます。
*《クリアクリーム》は市販の白いトリートメントでも代用できますが、使用するトリートメントによって薄める配合の比率は異なります。

《ベイビーピンク》を使った場合と比べ、パープル感がある分落ち着きのあるピンク系カラーになります。
《925シルバー》や《アッシュミルクティー》と混ぜてアッシュカラーをつくると、ピンク過ぎないややパープル感のある色味に仕上がります。

《ショッキングパープル》を使った場合と比べると、明るめの色に仕上がります。

エンシェールズカラーバター《ライトパープル》で染めてみよう

アルカリカラーをした茶髪と、ブリーチでトーンアップした白金毛の両方に《ライトパープル》を使用して、【落ち着きのあるブラウンピンク】から【ビビッドなピンクパープル】になるグラデーションカラーに仕上げます。

カラーバターはベースの髪色で発色が変わるので、ベースカラーでグラデーションをつくっておくと、単色使用でもグラデーションカラーを楽しむことができます。

前髪のインナーに《ネオンイエロー》と《アイスミントグリーン》を使用して、アクセントに。
前髪カラーの発色テストをする時は、前髪でやると好みの色でなかった際に隠せないので、サイドの隠れる部分でテストするのがオススメです◎

エンシェールズカラーバター《ライトパープル》使用前 使用カラー
発色チェック 前髪インナーから塗布 ブロッキング 全体塗布 塗布終了
エンシェールズカラーバター《ライトパープル》カラー後アフタースタイル
今回のスタイルに使用した量
シルバーカラーを長くキープするなら《シルバーシャンプー》
ライトパープルはピンク過ぎない少し落ち着いた色味を楽しめます
  • エンシェールズカラーバターtwitter
  • エンシェールズマジカラーtwitter
  • エンシェールズカラーバターinstagram
  • エンシェールズマジカラーinstagram
  • エンシェールズyoutube

▲ページトップへもどる