エンシェールズカラーバター

エンシェールズカラーバター《ネイビーブルー》使用例

エンシェールズカラーバター《ネイビーブルー》ってどんな色?

エンシェールズカラーバター《ネイビーブルー》は原液は落ち着いた暗めのブルー

エンシェールズカラーバター《ネイビーブルー》カラーチャート

ネイビーブルーはカラーバターで4色あるブルー系カラーの中で最も暗めの濃いブルーです。
ブリーチで白金まで明るくした髪に使用すると、暗髪色でありながら透明感のある落ち着いたブルーカラーをお楽しみいただけます。
濃いめの色なので、ブリーチをして多少黄色味が残った金髪に使用しても白金毛に使用した場合と似たような発色になります。
*黄色味が強すぎると、少しくすんだ感じでグリーン寄りになる場合もあります。透明感を出す場合は白金毛に使用することをオススメします。
明るめの茶髪に使用するとブルーブラックに近い色になるので、茶髪の上からの使用も人気です。

エンシェールズカラーバター《ネイビーブルー》の色モチは約1カ月~1カ月半

エンシェールズカラーバター《ネイビーブルー》退色過程

ネイビーブルーを原液で使用した場合の色モチは、1カ月~1カ月半が目安になります。
シャンプーするたび全体的に徐々に色が薄くなり、元の髪の明るさに戻っていきます。
暗めの発色を感じられるのは約1カ月程。1カ月を過ぎたあたりから、染める前のベースの髪色が出てきます。

ブルーのカラー剤にはありがちですが、退色とともにベースの髪色が影響し、ややグリーン寄りの色に薄まっていきます。
黄色みの強い金髪に使用した場合は特に、緑がかったマットカラーに退色する可能性が高いです。
(★退色時にムラサキシャンプーでケアするとマット感を落ち着かせることができます)

*まだ色が落ちきっていない状態でブリーチをする場合、4週間後か5週間後くらいの薄さまで薄まってからがオススメです。
濃い色が残った状態でブリーチをすると、色素が残留して落ち切らない場合があります。

マット感を落ち着かせる退色ケアに《ムラサキシャンプー》

エンシェールズカラーバター《ネイビーブルー》は薄めて混ぜてインディゴやデニムカラーなどのオリジナルカラーがつくれる

エンシェールズカラーバター《ネイビーブルー》を使ったオリジナルカラー

ネイビーブルーは、原色そのままを使うと沈んだ濃いブルーですが、《クリアクリーム》で薄めていくとややくすみのあるライトブルーになります。
《925シルバー》を混ぜてさらにくすませると、より落ち着きのあるインディゴブルーに。
《ダークシルバー》と混ぜるとブルーブラックのような色になります。

薄めたり混ぜる比率を変えてお好みの濃さを調整してみてください。
*《クリアクリーム》は市販の白いトリートメントでも代用できますが、使用するトリートメントによって薄める配合の比率は異なります。
*薄めた場合ベースの髪色が影響しやすくなります。

エンシェールズカラーバター《ネイビーブルー》で染めてみよう

やや黄色味が残ったブリーチ毛に全頭カラーした《チェリーピンク》が色落ちしてきた、まだピンク味が残る髪を落ち着いた感じにガラっとカラーチェンジ!
ベースは《ダークシルバー》を使い、毛先にポイントカラーとして《ネイビーブルー》を入れていきます。
《ネイビーブルー》をピンクの上から使用するとパープルっぽい色になるため、《ネイビーブルー》を使う毛先部分のみブリーチでピンク味を落としました。

使う前の髪色によって発色が変わるので、はじめに一部の毛束で発色チェックしながら、補色を混ぜるか、または一度ブリーチでベースを整えるかなど調整してください。

エンシェールズカラーバター《ネイビーブルー》使用前 毛先ブルーの使用カラー
発色チェック 根元から塗布 毛先を塗布 境界線をなじませる 前髪にメッシュ 塗布終了
エンシェールズカラーバター《ネイビーブルー》カラー後アフタースタイル
今回のスタイルに使用した量
ネイビーブルーは落ち着いた色味がお好みの方におすすめです
  • エンシェールズカラーバターtwitter
  • エンシェールズマジカラーtwitter
  • エンシェールズカラーバターinstagram
  • エンシェールズマジカラーinstagram
  • エンシェールズyoutube

▲ページトップへもどる