エンシェールズカラーバター

エンシェールズカラーバター《プラチナシルバー》使用例

エンシェールズカラーバター《プラチナシルバー》ってどんな色?

エンシェールズカラーバター《プラチナシルバー》は白に近い明るいシルバー

エンシェールズカラーバター《925シルバー》カラーチャート

プラチナシルバーは、エンシェールズカラーバターで3色あるシルバーカラーの中で最も明るい白に近いシルバーカラーです。
キレイなシルバーカラーにするためには、ブリーチで黄色味もくすみもない、白金ベースにしてからお使いください。

ブリーチで明るくしても黄色みやくすみが残っていると、ミルクティーぽい色になるか、発色しない可能性が高いです。
ブリーチをしていない茶髪の上から使用しても発色はほぼ感じられません。


キレイに発色させるためには、ご使用前の髪色が限定されますので、ご注意ください。

エンシェールズカラーバター《プラチナシルバー》の色モチは約3週間

エンシェールズカラーバター《プラチナシルバー》退色過程

プラチナシルバーを原液で使用した場合の色モチは、約3週間が目安になります。
染めたてくらいのしっかりとした発色を感じられるのは3、4日程で、約1週間程経過するとベースの髪色が影響して黄色味が出てきます。
シャンプーするたび全体的に徐々に色が薄くなり、元の髪の明るさに戻っていきます。

かなり色落ちが早いため、色を長くキープするために《シルバーシャンプー》を使用した退色ケアがオススメです。

または、1週間に1回くらいのペースで上から《プラチナシルバー》を重ねづけして使用してもキレイなシルバーカラーをキープすることができます。

シルバーカラーを長くキープするなら《シルバーシャンプー》

エンシェールズカラーバター《プラチナシルバー》をよりキレイに発色させるテクニック

まずはムラシャンでベースづくり

ブリーチした後にすぐ染めるのではなく、《ムラサキシャンプー》を使用してより白に近いベースにしてからカラーすると、よりキレイなシルバーカラーに染めることができます。
《ムラサキシャンプー》は重ねて使用すればするほど効果が上がります。(※限界はあります)
ご自身の髪色に合わせて使用回数を調整してみてください。
1日に複数回使用しても、数日間かけて使用しても、どちらでも効果は出ます。

エンシェールズカラーバター《プラチナシルバー》補色テクニック

「シルバー」とひとことで言っても色味が色々あります。
以下A・B・Cの3パターンで、色味を変える補色テクニックをご紹介します。

エンシェールズカラーバターベースの髪色別発色見本

《ムラサキシャンプー》でできるだけ黄色味を抑えた後、《プラチナシルバー》単色でご使用ください。

エンシェールズカラーバターベースの髪色別発色見本

《プラチナシルバー》にほんの少し《ショッキングパープル》を混ぜてご使用ください。
混ぜる量は、下記の【補色は“ほんのちょっと”から】を参照ください。

エンシェールズカラーバターベースの髪色別発色見本

《プラチナシルバー》にほんの少し《ショッキングパープル》と《ネイビーブルー》を混ぜてご使用ください。
混ぜる量は、下記の【補色は“ほんのちょっと”から】を参照ください。

《ネイビーブルー》の代わりに《サファイアブルー》を使用しても効果的ですが、《ネイビーブルー》の方が青味を出しやすいです。
《オーシャンブルー》を使用した際、緑がかった色に発色する可能性が高いので、あまりおススメはしません。

エンシェールズカラーバター《プラチナシルバー》で染めてみよう

黄色味やくすみがほぼないくらいの、白金までブリーチで明るくした髪に《プラチナシルバー》を使って全体を明るいシルバーカラーにしていきます。

キレイに発色させるポイントは、ブリーチでのベースづくりです。

ベースさえつくってしまえば、あとは簡単。
ベースづくりのブリーチで髪へのダメージは免れませんが、カラーバターはトリートメントそのものなので、最小限のダメージでカラーすることができます。

エンシェールズカラーバター《プラチナシルバー》使用前 シルバーカラーの使用カラー
発色チェック ウェットにする 根元から塗布 塗布終了
エンシェールズカラーバター《プラチナシルバー》カラー後アフタースタイル
今回のスタイルに使用した量
プラチナシルバーはみんなが憧れる明るいシルバー
  • エンシェールズカラーバターtwitter
  • エンシェールズマジカラーtwitter
  • エンシェールズカラーバターinstagram
  • エンシェールズマジカラーinstagram
  • エンシェールズyoutube

▲ページトップへもどる