エンシェールズカラーバター

エンシェールズカラーバター《キャンディーピンク》使用例

エンシェールズカラーバター《キャンディーピンク》ってどんな色?

エンシェールズカラーバター《キャンディーピンク》は赤寄りのビビッドピンク

エンシェールズカラーバター《キャンディーピンク》カラーチャート

2022年7月登場の新色!!
“キャンディーピンク”は、常に人気上位色でありながら惜しくも廃番となった“ベイビーピンク”の生まれ変わりです!
“ベイビーピンク”よりも青みを無くして赤寄りに、さらに彩度を上げてビビッドな発色に色味を変えて、可愛さがアップしました♡

複数回のブリーチでトーンアップした白金ベースに使用すると、クリームの見た目通りの発色に!
黄色味が強く残るワンブリーチレベルの金髪ベースに使用すると、ややオンレジ寄りのサーモンピンクのような発色に!
ノーブリーチ、アルカリカラーで10トーンくらいにした明るめの茶髪に使用すると、赤寄りのふんわりしたピンクブラウンに!
ご自身のベース毛に近い色を参考にご覧ください。


ベイビーピンクとキャンディーピンクの違い

エンシェールズカラーバター《キャンディーピンク》の色モチは約3週間

エンシェールズカラーバター《キャンディーピンク》退色過程

色持ちは短めで、“キャンディーピンク”を原液で使用した場合、約3週間が目安になります(※染めたての色は約1週間)。
ダメージの少ない茶髪に使用した場合はもう少し早めの2週間くらいが目安になります。
色をキープするためには、姉妹アイテムの“ピンクシャンプー”で定期的にケアしていただくことをおすすめします!

エンシェールズカラーバター《キャンディーピンク》は次回カラーに響きにくい

色持ちが約3週間と短い分、カラーから1ヶ月後には上から違う色を重ねてカラーチェンジできます◎(※退色には個人差があります)

根元の伸びた部分をブリーチでリタッチする場合は、境界線部分に薄くピンクやオレンジっぽい色(=赤・ピンク系カラーにつきものの残留色素)が出てしまう可能性はありますが、上から色をかぶせるとカバーできる範囲内です。

10トーンくらいの茶髪に使用した場合は、染めてから1週間程経過していれば、ほぼ影響しません。

以下、ブリーチ毛(白金・金髪)とアルカリカラー毛(茶髪)の3種類のベースそれぞれの、染めた直後・染めて1週間後・2週間後・3週間後の状態にブリーチまたはアルカリカラー(色味無し)をした場合どれくらい色素が残留するか、目安をご紹介します。


エンシェールズカラーバター《キャンディーピンク》の色素の残留度合

ブリーチ毛ベースの場合、染めた直後~2週間程は強めの残留色素が出る可能性が高いので、ブリーチをする際は染めてから2週間以上経過してからがおすすめです。

エンシェールズカラーバター《キャンディーピンク》は薄めてお好みのパステルピンクを楽しめる

エンシェールズカラーバター《キャンディーピンク》×薄める専用《クリアクリーム》

“キャンディーピンク”を、1倍・3倍・5倍・10倍の“クリアクリーム”で薄めた場合の発色例をそれぞれご紹介します。

ノーブリーチの茶髪に使用した場合、あまり発色は感じられないため、茶髪ベースには“キャンディーピンク”原液を使用されることをおすすめします!
薄めてパステルピンクにカラーされる際は、ブリーチでトーンアップさせてからご使用ください。

※薄める専用の『クリアクリーム』は、市販の白いトリートメントで代用できますが、粘性がゆるくなる・クリームの見た目よりも発色が薄くなる可能性があるため、できれば専用のクリアクリームをご使用いただくことをおすすめします!

キャンディーピンク:クリアクリーム=1:1 キャンディーピンク:クリアクリーム=1:3 キャンディーピンク:クリアクリーム=1:5 キャンディーピンク:クリアクリーム=1:10


エンシェールズカラーバター《キャンディーピンク》使用例

▲ページトップに記載の通り、“キャンディーピンク”原液と、5倍のクリアクリームで薄めたパステルピンクの2色を使用したカラースタイルです。
表面の根元とインナーにキャンディーピンク原液を、表面の中間~毛先にかけて薄めたパステルピンクを使用しました。


キャンディーピンクは赤味とビビッド感のあるまさにカワイイピンク!
  • エンシェールズカラーバターtwitter
  • エンシェールズマジカラーtwitter
  • エンシェールズカラーバターinstagram
  • エンシェールズマジカラーinstagram
  • エンシェールズyoutube

▲ページトップへもどる